FC2ブログ
寝取られM夫の体験記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4度目のカップルパーティ
だいぶ前の体験談です。

前回始めて他人のち○ぽを挿入された妻は、その後二度と参加しないと言い出すのかと心配していましたが、予想に反してそれからわずか一ヶ月後に、また同じパーティに参加しました。

私の期待以上に妻は他人とのプレイに抵抗が無くなってきているように感じました。

今回も妻は乗り気ではない。但し前回ほどの抵抗は少ないようで、早く済ませて帰りたいという雰囲気だった。

店につきプレイルームに入ると、すでに2組のカップルが抱き合っており、女性が大きな声であえいでいました。

私達は座る場所を決めるとすぐにシャワーを浴びにいきました。

シャワーを浴びてプレイルームに戻ると、妻の気持ちを高めようと妻のおっぱいを触ったり、妻には私のち○ぽを触らたりしていました。

妻の気持ちも少し高まったようだったので、私はパンツ脱いで妻にち○ぽを握らせると、妻はすぐに私のち○ぽを咥えてきました。

しばらくして体勢を入れ替えて、私が妻の股間に移動し、妻のパンツを脱がし、妻のおま○こを舐めました。

しばらくそのように妻と遊んでいると、マスターが私達のところにやってきました。

「さ、奥さん行きましょう」とマスターは言って妻を別室に促しました。

妻は前回と違ってこの日は嫌がることなく、私に連れ立って別室にいきました。

このとき妻と私は2人ともすでにパンツを脱いでいたので、下半身裸のまま移動しました。
日帰りスパにて(番外編)
この日の帰りは道路が大変混んでいて、途中超ノロノロ運転になってしまい退屈だったので、妻にパンツを抜いてお尻を出すように言ってみました。

妻は始めは嫌がっていたものの、私がスラックスのボタンの留め金を外してやると、少しずつスラックスとパンツを下ろしていきました。

最後には助手席をリクライニングしてモモまでパンツを下げて、下半身丸出しの状態で渋滞の中ドライブを続けました。

その間何度もバイクが横をすり抜け、対向車線を路線バスが走り抜けて行きました。

もし車の中を覗けば、下半身裸の妻が丸見えだったと思います。

私が軽くお○○こが触ると妻もその気になってきたようだったので、妻にオナニーをするように言うと、妻は指でお○○こを触り、オナニーを始めました。

いつ人に見られるかわからない状況の中、妻はあっと言う間に逝ってしまいました。

そこで妻は我に帰り、「今日はもうお仕舞」と言って身づくろいを始めました。

そしてその後二度と妻は下半身を出すとこもなく家路に着きました。
日帰りスパにて(7)
私は何度か妻の水着を待ってお尻を丸出しにして歩かせようかと思いましたが、家族ずれが多いこともあり、さすがにここでそこまでやる勇気はありませんでした。

結局この日1時間半ほどそのスパにいましたが、その間妻はずっとノーパンで過ごしました。

この日の体験で、この水着をノーパンで着ることが可能であることが分かり、妻もこれほど大勢の人がいる場所でノーパンで過ごすことができたことは大変な収穫でした。

来月また別のスパに行くことが決まっているので、そのときもノーパンで過ごさせることにしたいと思っています。
日帰りスパにて(6)
このスパはたくさんの浴槽があり、透明なものから色と着いたものなど色々とありました。

妻は透明なお湯の中では見えないように気を使っていましたが、色が着いたお湯の中では特に気にせずに普通に入っていました。

私は周りの人に気付かれないように湯船の中で時々妻の水着のすそを捲くってお尻を撫ぜたり、お尻を丸出しにしたりして妻を刺激していました。

面白いものでどんなに混んでいても一瞬周りに人がいなくなる瞬間があるもので、そんなときには透明なお湯の中でも妻の水着を捲くって妻の下半身を丸出しにしたりして楽しみました。

日帰りスパにて(5)
私は妻の水着が水にぬれるとどうなるのか、ノーパンということが後ろからはっきり分かってしまうのか、少し心配でした。

始めに屋外のスパに入りました。

妻はお湯の中で水着が捲くれないように手で押さえていました。

お湯から出て妻の後ろに回ってお尻の当たりを見てみると、特に透けて見えることもなく、ノーパンだということも触らない限り全く分かりませんでした。

このスパはたくさんの浴槽があり、透明なものから色と着いたものなど色々とありました。

妻は透明なお湯の中では見えないように気を使っていましたが、色が着いたお湯の中では特に気にせずに普通に入っていました。

日帰りスパにて(4)
食事が終わり、スパに入りに行く前に、だめもとで妻にパンツを脱ぐように言いました。

「本当に脱ぐの?」

妻は躊躇ったのですが、

「あそこにトイレがあるから、脱いでおいで」

と言って妻をトイレに向かわせました。

トイレから出てきた妻の水着に中に手を入れてみると、妻は約束通りパンツを脱いだことが確認できました。
日帰りスパにて(3)
スパに着くと大変な賑わいで、受付まで30分くらい待たされた
ほどで、妻はこの人の多さにとてもノーパンでスパに入ることは
できないと言い出しました。

とりあえず着替えを済ませ、妻のお尻に手を回すと、しっかりパンツ
を穿いていました。

妻はこんなに人が多いから無理だと言いました。

ここで無理しても無駄だと思い、そのままにして、少し早いお昼と
取ることにしました。
日帰りスパにて(2)
水着を買ったとき、パンツを穿かなくてもこれなら見えないな、という話を妻にしましたが、そんなことできるわけないでしょう、とあっさり否定されました。

しかし、その後妻とのHのときにさりげなくこの話を切り出すと、妻はあっさりとOKしました。

そして今日それを実行しきました。
日帰りスパにて
今日妻と日帰りスパに行ってきました。

3連休と最後の日でしたが、予想以上に混んでいて家族ずれやカップルで大変混雑していました。

今年妻は上がミニのワンピースのようになっている水着を買いました。
もちろん下にはくパンツは付いているのですが。。。

この水着を買ったときに私はあることを思いつきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。